5500系
旧型車の置き換えと震災の車両不足として登場した車両。車体は8000系がベースで、カラーが変更になった。
ジェットカーシリーズでは初のVVVF車。加速は5001形より落ちたが、中加速でのスピードが改善されている。
西大阪線(現在の大阪なんば線)でも活躍していたが、近鉄への直通後は乗り入れをやめ、本線がメインの運用となっている。
スピードには負けない電車として、テレビでは人気バラエティー「サ!鉄腕!DASH!!」で始発列車に対決したこの車両は有名である。
御影西宮
(YouTube)
  5506 三菱GTOらしい非同期音であるが、同様に登場し9000系と若干異なる。
音は高音で、京都市地下鉄50系と同じ音程です。


5550系
5500系のマイナーチェンジとして、2010年に登場。
車体は5500系と同じだが、製造メーカーが武庫川車両工業や川崎重工ではなく、阪急のアルナ車両で製造された。
ジェットカーでは初のIGBTで制御装置は1000系と同じ。出力や性能のよさから、ジェットカーでは初めて3M1Tとなった。
行先は幕式からLED化、車内においても1000系をベースとしたものに変化している。
1編成のみ製造された。

西宮御影


(YouTube)
5652 歯車比は1000系と同じ6.06で、5500系に比べると低速向けである。
加速音は1000系を早くした感じです。

 

5700系
急行用車両のリニューアルを終え、普通用車両の本格的な置き換えとして、2015年に登場した。
「人と地球へのやさしさ」をコンセプトに車体は急行車両1000系と同じステンレス車、足回りはグループ会社である阪急1000系をベースに東芝PMSMを阪神でも導入した。
電動台車は4Mと元の形に戻ったが、5701号車と5702号車は片側電動としている。
車内のサービス、環境への保全が認められ、阪神では初となる「ブルーリボン賞」を2016年に受賞した。

西宮御影


(YouTube)
5802 PMSMの独特な走行音。阪急1000系と違い音は高め。
制御試験車の西武6000系6157Fに似ている。