1000系/1030系

(左)全車特別車の1000系。/(右)先輩後輩の並び。

(左)特別車の車内。/(右)展望席。
パノラマカーとパノラマDXの次世代特別車として登場した1000系、通称「パノラマスーパー」と名付けた。
足回りは5700系がベースで、平成6年製の車両はボルスダレス台車(1200系と同様)へと変更された。
名古屋本線のラッシュ対策として、特別車と一般車を組み合わせたため、特別車のトイレや車掌室、
制御装置などの機器の配置が異なっていて、車掌室が特別車側にあるのがA編成、一般車側にあるのがB編成と分けられている。
一般車付き増備車の1030系は、乗務員の操作しやすさからB編成で統一された。
常滑線・河和線・犬山線にも一般車が導入されたため、全車特別車の1000系が走るのは内海方面の知多新線
と広見線などで最後の活躍をし、08年12月下旬のダイヤ改正で運用から撤退、09年6月下旬に全車特別車は
5000系に機器を再利用化のため全廃、特別車と一般車を残すのみになった。
1000/1200系のリニュアル改造が行われいる。足回り流用車である1030/1230系は見送られ、廃車が始まった。

諏訪町国府


(---)
編成未確認
{廃車}
今では貴重となった豊川線での走行です。
単線で反対電車を待つため、八幡に停車しました。

名鉄名古屋金山


(---)
1057(名古屋側デッキ)
{廃車}
ダイヤ改正で消滅した内海行きの特急。
やたらと車掌アナウンスが気になります。

岩倉江南


(---)
1063(名古屋側デッキ) A編成の特別車。
本線ほどではないが、結構なスピードだと思います。

金山神宮前


(---)
1064(名古屋側デッキ) 上の別編成。
距離が短いので、加速は控えめです。

新安城知立


(---)
  1166(名古屋側デッキ) B編成の特別車。
主制御が逆の編成で、一般車側に制御装置があります。

金山神宮前


(---)
1069(大田川側デッキ)
{廃車}
台車が1200系と同様のボルスタ台車になった編成。
空気バネ台車と殆ど変わりはないようです。

青山知多武豊


(---)
1071(内海側デッキ)
{廃車}
1000系の最終装備車。
車体は1030系より若いだけに、廃車はちょっと残念です。

柏森江南


(---)
1181(名古屋側デッキ) 7500系の機器の再利用車。
1000系と違い、また7500系とも違う音である。

国府宮名鉄一宮


(YouTube)
1182(名古屋側デッキ)
{廃車}
本線でしたので、ほぼ120Km/hは越えてると思います。
ダイヤ改正前なので、新木曽川と笠松は停車はしませんでした。

新木曽川名鉄一宮


(---)
1131(名古屋側展望席) 1030系は全車両がM車のため、展望席でも聞くことができます。