311系
名鉄線との運用競争が激しい東海道線(岐阜〜豊橋間)の3ドア新快速として登場。
足回りは211系5000番代と同じでありながら、座席はクロスシート、トイレ・公衆電話付き(公衆電話は現在撤去)と言う近郊型機能をはたした車両である。
東海道線での運用の他、中央西線(名古屋〜塩尻)を休日限定で走る「ナイスホリデー」でも使用される。
ダイヤ改正まで新快速や特別快速も入っていたこの車両も313系に押され、現在は普通電車を中心となって運用している。

尾張一宮岐阜


(YouTube)
  クモハ311-6
{内扇モーター}
音は211系とまったく同じ。

枇杷島尾張一宮


(YouTube)
  クモハ311-3
{元外扇モーター}
2011年に全検が行われた際、クモハ車のみ外扇モーターに換装されました。
(モハ車は内扇モーター)

東刈谷安城


(YouTube)
  クモハ311-3
{元外扇モーター}
別区間での走行、ゆっくりと走ってます。

穂積岐阜


(YouTube)
  モハ311-14
{元外扇モーター}
M車(豊橋寄りのみ)に外扇モーター車が存在していました。大垣寄りに313系を連結したことにより加速が上がってます。

木曽川稲沢


(YouTube)
  クモハ311-10
{外扇モーター}
2016年に現れた外扇モータ−。
(大垣寄りとM車は内扇モーター)

木曽川稲沢


(YouTube)
  モハ311-5
{外扇モーター}
2016年に現れた外扇モーター。
(Mc車は内扇モーター)

木曽川尾張一宮


(YouTube)
モハ311-2
{外扇モーター}
外扇車両が増えました。今回の車両はMc車及びM車の豊橋寄りが外扇モーター、大垣寄りが内扇モーターという異例の組み合わせです。